経済産業省 九州経済産業局が主催する「デザイン経営・SDGsセミナー~コスメ業界に新たな経営戦略を!~(全5回)」の第1回「デザイン経営の基礎知識・ノウハウ」(2020年11月19日開催)にクリエイティブディレクター 加藤修平が登壇します。

加藤は、『中小企業のデザイン経営〜経営者のビジョンが文化をつくる〜』調査・執筆の主要メンバーとして参加。デザイン経営の実践方法に関して知見を有するほか、特許庁のデザイン経営導入プロジェクト「ふるさとデザインアカデミー ichi」中小企業向けデザイン経営実践支援プログラム「Dcraft デザイン経営リーダーズゼミ」の企画・運営に関わるなど、率先して取り組んでいます。

以下、告知概要より抜粋。

新型コロナ感染症対策に伴う『新たな日常』の到来でコスメ業界は大きな打撃を受けており、新しい視点での事業創出やサスティナブルな経営戦略を行うことが喫緊の課題となっています。本セミナーでは、計5回にわたり、「デザイン経営」や「SDGs」の観点を取り入れた新たな経営戦略について、事例を交えながらご紹介します。
今回ご案内する第1回と第2回は、「デザイン経営」をテーマとした内容です。この機会に、自社の経営戦略について改めて考えてみませんか。

第1回 テーマ:「デザイン経営の基礎知識・ノウハウ」
デザイン経営の基礎知識・ノウハウについて、『中小企業のデザイン経営』報告書の事例を交えながらお話しいただきます。
講師:株式会社ロフトワーク クリエイティブディレクター 加藤 修平 氏
※加えて、「特許庁 デザイン経営プロジェクトチーム」より、「デザイン経営宣言」(総論)及び特許庁における取組みについてお話いただきます。

<日時>
第1回:2020年11月19日(木曜日)14時00分~15時30分
<形式>
ライブ配信(Cisco Webex)+翌日以降3日間アーカイブ配信(YouTube)
<主催>
九州経済産業局、一般社団法人ジャパン・コスメティックセンター(JCC)、特許庁、九州知的財産活用推進協議会
<定員>
100名 (化粧品製造業、支援機関、研究機関、デザイン経営に関心のある方など)
<参加費>
無料

イベントの詳細、お申し込みはこちらよりご覧ください。

デザイン経営・SDGsセミナー~コスメ業界に新たな経営戦略を!~

登壇者プロフィール

加藤修平 / 株式会社ロフトワーク クリエイティブディレクター
ケープタウン大学サステナビリティ学修士。アフリカ地域での鉱物資源開発に伴う、周辺コミュニティへの影響調査をエスノグラフィ調査手法によって実施。また、同大学内Hasso Plattner Institute of Design Thinking (通称d-school)において、デザイン思考コーチとして学生、社会人の指導を行う。過去に携わった案件は、民間金融機関内にて、多部署横断型のチームを率いて新サービスの開発及び、デザイン思考の社内への浸透を促すためのプロジェクト等多数。

Next Contents

VR・ARの体験をアートに。
あたらしい表現の学校「NEWVIEW SCHOOL」JAPAN第4期
オンライン受講エントリーを開始