コロナ禍の文化芸術の担い手の雇用や育成の課題解決を目指し、2023年1月28日(土)、29日(日)にアートストレージホテル KAIKA 東京にて、日本初のアート業界に特化したジョブフェア「ART JOB FAIR 2023」(主催:株式会社artness)が開催されます。

「アートの働き方に光をあてる」をテーマに、求人情報をオープンにし、誰でも参加できる透明性の高い、文化芸術の担い手のリアルな出会いの場です。全国各地のアート団体10社が出展。雇用者・求職者双方が、実際に顔をあわせ深く知り合い、多くの出会いの中から共振できる仲間に巡りあう機会になります。また、齋藤精一氏等の多彩な講師が出演し、アート業界のキャリアアップ、スキルアップに役立つ8つの講座が行われます。この講座に、ロフトワーク / NINE LLPの原亮介が登壇します。

「ART JOB FAIR 2023」詳細はこちら

https://artjobfair.jp/

講座概要

アートの創造性が社会の中でますます求められるなかで、多様化し高度化するアートの仕事に求められるプロデュースとマネジメントの役割について登壇者がディスカッションします。

日時:2023年1月28日(土)17:00〜17:45
出演:齋藤精一(パノラマティクス主宰)、井上成(三菱地所株式会社エリアマネジメント企画部担当部長)、太下義之(博士 芸術学)、原亮介(ロフトワーク、NINE LLP)
会場:KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELS
入場:無料
定員:25名(先着順)
※参加申込には「ART JOB FAIR 2023」の入場予約が必要です。 

チケットのお申し込みはこちら

https://ajf2023talk04.peatix.com/

全国各地で地域芸術祭が開催されるなか、アート分野のマネジメント人材の不足があらわになっています。個人の経験に頼らない、科学的な方法で論理的にプロジェクトを成功に導くマネジメントの手法について登壇者がディスカッションします。

日時:2023年1月28日(土)16:00〜16:45
出演:藤原さゆり(NINE LLP)、原亮介(ロフトワーク、NINE LLP)
会場:KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELS
入場:無料
定員:25名(先着順)
※参加申込には「ART JOB FAIR 2023」の入場予約が必要です。 

チケットのお申し込みはこちら

https://ajf2023talk03.peatix.com/

登壇者

ロフトワーク ユニットリーダー 原亮介

関西のファッション/カルチャーマガジン編集長、ロボットテクノロジー関連ベンチャー、戦略PRコンサル会社を経て、2014年6月よりロフトワーク所属。マーケティング視点を軸に、クリエイティブな価値創出〜価値浸透まで幅広いプロジェクトを手がける。“ヒトを動かす”と“ユースカルチャー”が生涯の学習テーマ。

Profileページへ

Keywords

Next Contents

宮崎県延岡市で開催する映像クリエイター向けのレジデンスプログラム
「Connect & Create NOBEOKA 2024」の公募を開始