プロデューサー / FabCafe Osaka(仮)準備室の小島和人(ハモ)が、近畿大学 文芸学部 文化デザイン学科「プロデューサー論」のゲスト講師を務めます。

文芸学部 文化デザイン学科は、感性学・デザイン・プロデュースという三つの領域を学ぶ学科です。小島は、企業の新規事業の立ち上げやブランディングといったプロジェクトの設計を数多く手がけています。クライアントやパートナーと本音を言い合いながら、それぞれの思想や美学をプロジェクトに組み込めるように、どのように対話を重ねプロジェクトを進めているのかをお話します。

講師

プロデューサー / FabCafe Osaka(仮)準備室 小島和人(ハモ)

アート作品を作らないアーティスト「ハモニズム(作家名)」。通称「ハモさん」 建築施工管理、デザイナー、プランナー、アーティストという経歴をたどり、多様なものから着想を得て繋げることで先入観を取り除き、変化するためのプロジェクト設計を得意とする。 デザイン経営、サーキュラーデザイン、新規事業支援など幅広くプロデュースを手掛けるが、共通して「なにか新しいことをしたい」時に駆り出されるプロデューサー。口癖は「人の欲望と向き合う」。都市で暮らす事にこだわり、夏場は大阪市内の河川で40cmを超える黒鯛を数十匹釣り上げる。

Profileページへ

Keywords

Next Contents

ロフトワークが運営を担う、富士フイルムビジネスイノベーションの体験型展示施設
「Green Park FLOOP (グリーン パーク フループ)」が
横浜・みなとみらいにオープン