2023年4月に、䂖井誠・藤原里美・ 木下浩佑が、京都精華大学の非常勤講師に就任しました。

「メディア表現学部」の基礎実習の授業において、学生が自ら主体的に課題を発見・定義・探求しアウトプットに導くことを支援するためのワーク設計・ファシリテーション・評価方法の策定をお伝えいたします。

授業では、設定された課題に対して調査を行った上で、ビジネスによる課題解決案を構想・提案・表現することを目指しています。プロジェクト型の実習で推進することを通じて、デジタル能力を活かしたビジネスプロデュース力とプロジェクトマネジメント力を身につけたり、課題解決のためのプロトタイプ製作を行いながら、ビジネス化のプランニングを行う知識と技法を行う予定です。

講師

䂖井誠 クリエイティブディレクター 

現代美術を学び、アーティスト、キュレーター、インストーラーとして北海道と京都で主に活動。
並行して印刷工、額縁・掛軸の職人、百貨店の店舗運営、建築コンサル、空間プランニング業を経て、美大で教員となり企画プロデュース、UX/UIデザイン分野を主に担当。
事業の幅広さ、革新性、多くのユニークな社員に興味を持ち、ロフトワークに入社。アート分野のプロジェクトを得意とし、Web制作、空間設計、制度設計など幅広く担当。
プロジェクトでは「ひとりの飛び抜けた発想や熱量」と「チームによる多くの視点から広げていく可能性」のどちらも両立していける形での進行を心がけている。
趣味は手紙を書くこと、石拾い、ベレー帽の収集。

プロフィール

 

藤原里美 シニアプロデューサー

2008年にプロデューサーとして入社、産休、育休を機にマーケティング部門に転属。イベントの企画運営、CRMの設計、既存クライアントへのサポートサービス構築などに携わる。2018年から京都オフィスにて再びプロデューサーとして、大学、病院、BtoB企業などの組織のブランディング、専門領域の情報発信のデザイン、Webサイトを活用したセールス設計やコミュニケーション設計に重きを置いて提案活動中。
教育機関とのプロジェクトが多かったことと、娘二人の育児の中でPBL(Project Based Learning)に興味を持ち、「新たな学びの形」を模索中。

プロフィール

 

木下浩佑 MTRL / FabCafe Kyoto マーケティング & プロデュース

素材を起点にものづくり企業の共創とイノベーションを支援する「MTRL(マテリアル)」と、テクノロジーとクリエイションをキーワードに多様なクリエイター・研究者・企業が集うコミュニティ拠点「FabCafe Kyoto」に立ち上げから参画。オンライン/オフラインのワークショップ運営や展示企画のプロデュースなどを通じて「化学反応が起きる場づくり」「異分野の物事を接続させるコンテクスト設計」を実践中。

プロフィール

Keywords

Next Contents

ロフトワークが運営を担う、富士フイルムビジネスイノベーションの体験型展示施設
「Green Park FLOOP (グリーン パーク フループ)」が
横浜・みなとみらいにオープン