令和6年能登半島地震によって被災された皆さま、ならびにご家族の皆さまに心からお見舞い申し上げます。 また、一日も早く日常生活を取り戻せるようお祈り申し上げます。

ロフトワークとFabCafeは、令和6年能登半島地震の被害に対する支援活動として「NOTONO」プロジェクトを立ち上げました。本プロジェクトは、被害を受けた能登地域の再生と、伝統産業の保護を目指しています。

今後は、全国150を超える酒蔵とのネットワークを持つcamo株式会社と連携して酒蔵支援を行うなど、能登地域の文化と産業の復興を支援します。

能登にある日本酒の蔵元を招いた特別イベントを春に開催

ロフトワークとFabCafeは、「NOTONO」プロジェクトの一環として、能登にある日本酒の蔵元を招いた特別イベントを開催いたします。トークセッションや日本酒の試飲会を通じて、能登の日本酒文化を深く知る機会を提供いたします。参加者は、蔵元の情熱と地震からの復興努力について直接学ぶことができます。

このイベントは、FabCafe Tokyo(渋谷)を皮切りに、名古屋、京都、富士吉田、飛騨の日本国内のFabCafe、および台北のFabCafeで順次行われる予定です。なお、イベントの参加費は、全て能登の日本酒蔵の再建支援に役立てられます。開催時期が決まり次第、ロフトワークやFabCafeのWebサイトで発表いたします。

これらのイベントは、地域の多様な文化と産業の再生に貢献し、国内外からの支援と注目を集めることを目的としています。

Photo: Aki Kawana

Keywords

Next Contents

2050年の京都市の都市構想への道筋を描く。
「創造的都市、京都」を提唱する、最終報告書を公開