株式会社 日本システムテクノロジー サービスの魅力は何か。徹底して作り込んだWebサイト

Outline

販売管理・在庫管理システム「楽商」の販売から導入支援、ハード・ソフトのアフターサービスまで、ワンストップでソリューションを提供する株式会社日本システムテクノロジー。Webサイトからの問い合わせの増加や、CMSによる運用方法を見直すために、主力ソリューションである「楽商」のWebサイトのリニューアルを決定。

ロフトワークは、要件定義から、クリエイティブコンセプトの策定とデザイン。そしてWordpressによるWebサイト構築を支援しました。ユーザーは誰か、サービスの魅力は何か。徹底して問い直し丁寧に作り込んだ、Webサイトが完成しました。

プロジェクト概要

支援内容
・要件定義
・クリエイティブコンセプト策定
・情報設計
・デザイン/コーディング
・CMSテンプレート開発

アプローチ
・競合調査、アクセス解析、ヒューリスティック調査を実施し、現状サイトの課題を徹底分析
・新サイトに必要なコンテンツをワークショップ形式で策定。ユーザー視点のコンテンツを可視化
・ブランドを構成する要素(位置、属性、連想、物語、約束)から、「楽商」視点の価値を抽出
・抽出したキーワードに普遍性と時代性をかけ合わせ、Webサイトのクリエイティブコンセプトを作成
・運用フローのヒアリングも実施し、使いやすいWebサイトについても議論
・運用しやすいシンプルなテンプレート構造ながら、将来の拡張にも対応できるWebサイトを制作

体制
・クライアント:株式会社 日本システムテクノロジー
・プロデューサー:柳川 雄飛
・プロジェクトマネージャー/クリエイティブディレクター:佐々木 星児
・要件定義/クリエイティブディレクター:柳田 綾沙
・CMS構築/クリエイティブディレクター:浅沼 由美
・テクニカル・ディレクター:丹羽 孝彰

クリエイティブチーム
・Webデザイン/コーディング/CMSテンプレート開発:株式会社クオートワークス

もっと見る

Outputs

Process

要件定義

徹底した調査から、必要な要件を策定

競合調査、アクセス解析、ヒューリスティック調査を実施し、現状サイトの課題を徹底して分析。さらに新しいWebサイトに必要なコンテンツをワークショップ形式で議論。ペルソナを設定し、ユーザー視点で必要なコンテンツを可視化しました。これらプロセスを経て、導き出された要件をリニューアル方針策定書に落とし込みました。

クリエイティブコンセプト策定

サービスが持つブランド価値の再定義から、Webサイトのクリエイティブへ

クリエイティブコンセプトは、定量・定性調査に加えて行ったブランドを構成する要素(位置、属性、連想、物語、約束)を考えるワークショップで日本システムテクノロジーさんと一緒に抽出しています。その上で、Webデザインのトレンドを抑えつつ、より多くの人が共感できる普遍的な要素を検討し、丁寧に作りこんでいきました。

Webサイト開発

シンプルな構造で運用のしやすさを追求

これまでWordPressの開発で培った知見を活かし、CMSの軽さと汎用性の高さを兼ね備えたWebサイトに仕上げました。確定したコンセプトや要件定義から得た情報を元に、どうロジックを紐付けると運用負荷が減り自動化できるか、また管理画面のどこで定義すると迷わずスムーズな更新が行えるか、柔軟な要素の追加や更新を行うにはどう定義するべきか、などを意識して開発しています。

利用プラグインは抑えつつも、サイト全体はフルカスタムフィールドにて開発、ユーザーや運営者にとっては軽いサイトながら、運用や拡張のしやすいWebサイトが完成しました。

Member

柳川 雄飛

株式会社ロフトワーク
プロデューサー

Profile

柳田 綾沙

株式会社ロフトワーク
クリエイティブDiv. シニアディレクター

Profile

浅沼 由美

株式会社ロフトワーク
総務 / あさぬまキッチン主宰

Profile

丹羽 孝彰

株式会社ロフトワーク
テクニカルディレクター

Profile

メンバーズボイス

“4年前に作ったこれまでのサイトは、トップページに古さがあり、目的のページにたどり着きにくくなっていました。評価指標であるCPAが悪化しつつあったこともあり、サイトリニューアルを決断しました。パートナーにロフトワークを選んだ決め手は、提案内容からUX DESIGNへのこだわりを感じたことです。

弊社も4名でプロジェクトチームを結成し、自分たちでもいろいろコンセプトを考えていましたが、ワークショップではまさに岡目八目、改めて自社の強みを再認識できました。余談ですが、弊社ではワークショップのような文化がなく、今回貴重な体験をしたことにより、一部の打合せはワークショップ形式で行うようになりました。

お陰様でリスティングに頼らなくても問合せは増え、あるキーワードは自然検索で上位表示されるようになり、いいこと尽くめとなっています。今後はUXでテーマの一つであった、人(親身・優秀)をロフトワークさんとのワークショップで深堀りできればと思っています。”

株式会社 日本システムテクノロジー 商品戦略本部 部長 大曽根 一彦

Loftwork magazine 月に2回、最新情報をお届けするメールマガジン