PROJECT

なぜ今、排泄の未来をデザインするのか
― Deasy プロジェクトレポート#1

“擁有者,適合城市的舒適,考慮到尿布的存在,在環境條件下改善了生活,”尿布/尿布可以被尿布/尿布“人類”的願望,尿布致敬的設計,尿布?Deasy項目中提供的一系列Loftwork計劃是不言自明的。

在他們的文字中,我們將為Samo探究Inmo Ware公司當前需求設計Mirai特定的廢物,以及Deasy Seizaitamesha會變皮革,從而採取收集措施

稿件:加藤修平(Jihei Kaito)飯澤健二飯澤健子編輯
:loftwork.com編輯部

「排泄のデザイン」とは

浴室中的平均人數約為第7個洗手間。排泄,正常的日常生活,但通常不小心。為支持尿布排泄,有人設計了東西方尿布,尿布,尿布,尿布,尿布,尿布,尿布。

自從他與自己的人類處於同一水平以來,他面臨著排泄的問題。大約4000年前,在美索不達米亞文明中,那是一種老式的老式馬桶,“沖水馬桶”被用作抽水馬桶。一種獨特的健康友好型社會,自力更生的祖先,一種獨特的努力,設計能力和排泄問題。

在進入超齡化社會的日本,成人一次性尿布的消費量已經超過了兒童的尿布消費量。紙尿褲正成為越來越多的人排泄的標準方法,而不是有限的人的排泄護理。另一方面,當您閱讀本文並需要排泄物護理時,您真的可以說“我有紙尿褲,所以我感到放心”嗎? 

紙オムツ当事者を取り巻く問題

紙オムツの利用者とそれを支える人の生活には、日々数多くのハードルがあります。以下、ぜひ、「自分自身が紙オムツ利用者、あるいは家族の排泄ケアをする当事者だったらどう感じるだろう?」と想像しながら読んでみてください。

まず、介護の現場では、排泄介助のひとつである「オムツ交換」が、介護者の大きな負担となっています。こうした問題に対して、介護施設によっては、吸収容量の大きな紙オムツを使用して交換頻度を減らしたり、下剤の使用によって排泄タイミングを管理しやすくしたりするといった苦渋の対応を迫られているところもあります。

また、紙オムツは使用時だけでなく、使用後の一時保管や処理においても、臭くて、重くて、衛生的にも問題があります。こうした問題は介護の現場だけでなく、育児に紙オムツを使用している人にも身近に起きています。消臭機能付きの袋や専用のゴミ箱に入れるなどの工夫をしてゴミ収集の日まで対応している人もいるようです。

紙オムツの問題は外出先でも発生します。最近は、紙オムツ専用のゴミ箱が設置されている商業施設や公共施設も増えていますが、「いつでもどこでも捨てられる」という状況ではありません。「紙オムツのことを考えると外出が億劫になってしまう」という人も少なくはないはずです。

オムツはトイレに流せない?

「紙おむつをトイレに流せたら、楽なのに」―このように考える人もいるでしょう。

如果尿布可以像在房屋和設施的廁所中一樣被沖洗,則應減輕穿著者和看護者的工作和心理負擔。然而,由於吸水和舒適性的先進發展,當前的紙尿布是多種材料的複雜組合,例如聚合物聚合物,聚酯非織造織物,聚烯烴膜和苯乙烯基彈性體合成樹脂。這些材料不能直接排入下水道。

但是,“不可能或不允許的只有?”此外,“社會制度的設計,使人們的生活更加舒適,人們的排泄物和尿布都要穿紙尿褲,否則就不能舒適。” -認真這樣的事情Deasy項目是由那些有思想的人誕生的。

Deasyのアプローチ

学び合い、ともにデザインするコミュニティをつくる

国土交通省下水道部により、民間企業による紙オムツ分離装置の検討が行われており、実用化に向けた実証実験の取り組みが進んでいます。しかし、これらの技術開発をするだけでは、社会実装には至りません。

紙オムツメーカーや素材メーカーによる製品開発、トイレ・住宅メーカーによるシステム・製品開発、工務店などの実装側の技術習得、さらには輸送業者による処理されたオムツの運送など―幅広い領域の周辺産業において、連携とイノベーションが必須となります。

そこで、Deasy実行委員会は国土交通省と共同で、業界の垣根を超えた幅広い専門家とともに、現状の課題を認識し、解決策を考えるためのコミュニティをつくりました。紙オムツ処理機や紙オムツのメーカーといった作り手だけでなく、使い手としての介護福祉施設や環境評価を行う研究者などをメンバーに迎え、これからの日本に求められている排泄のデザインを検討するための勉強会が、始まっています。

Deasyが目指す社会

勉強会の中で浮かび上がってきたキーワードは、「ソーシャルコンチネンス」「資源循環」

「ソーシャルコンチネンス」とは、「たとえ『漏れ』という障がいがあっても、支障なく日常生活を送ることができる状態、あるいは『漏れ』が問題にならない状態」を指します*。排泄ケアは、個人宅や介護施設といった閉じられた空間の中で完結するべき問題と思われがちです。しかし、実際には、排泄ケアにおいて地域との繋がりは不可欠であり、排泄ケアをデザインすることは、社会システムをデザインすることと同義です。

「資源循環」という観点では、わたしたちは個人の健康から社会の健康、そして、地球の健康にまで視野を広げる必要があります。排泄されたものを浄化してくれる自然環境が健康でなければ、快適に暮らすことはできません。誰もが気持ちよく排泄できるためには、持続可能な社会を実現する必要があります。

Deasy 10の原則
Deasy 10の原則

排泄のデザイン 3要素

以上の話をふまえて、未来の排泄をデザインするためには、意識を向けるべき3つの要素があるといえます。それは、「生活への影響」「社会的なコスト」「環境への影響」です。紙オムツを例に取ると、

  • 生活への影響:紙オムツを使用する人・それを支える周囲の人たちの生活への、心理的、作業的、コスト的なインパクトはどのようなものか。
  • 社会的なコスト:汚物処理・下水道処理システムの開発、設置・改修、ランニングコストはどのくらいかかるのか。
  • 環境への影響:原材料の調達や製造の過程、廃棄物の処理が自然環境に与えるインパクトをどのように考えるのか。

Deasyプロジェクトでは、これから、紙オムツが必要になる人にとって、本当に必要となる排泄ケアについて、この3つの要素から包括的に見つめ直していきます。

“我想創建一個可以從日本傳播到世界的模型。”考慮到這一點,負責設計未來排泄物的Deasy執行委員會成員。我們首先了解更多有關需要一次性尿布的人們的信息。

在Deasy項目報告中,我們將介紹研究小組參與者實際看到的護理和福利場所以及他們對此的想法。我們希望更多的人會通過一系列報告同情並參與Deasy項目。

“讓每個人都感到舒適和環保。”

Deasy 実行委員会 事務局メンバー。(左から)加藤 修平、伊藤 健人、飯澤 絹子。(いずれもロフトワーク)この3名が、レポートをお届けします。

*:千秋櫻原(Chiaki Sakakibara)“為致力於成為排泄護理專業人士而設計的Omakase Un Chitchi MTown UNKO BOOK”

[イベント] 未来の排泄デザインを考える―Deasy Conference 開催

每個人都是聚會的排泄設計。從現在開始,我想和更多的人一起思考。Loftwork將與Deasy執行委員會以及國土,基礎設施,運輸和旅遊部一起舉行聯絡會議,以分享通過該項目獲得的發現。
如果您想參加,請從以下申請。

Deasy Conference第2卷聯絡會議,用於接受下水道中的一次性尿布

  • 日期日本時間:2020年2月4日,星期2 13:00-18:00
  • 到達點:100BANCH(東京澀谷區澀谷3-27-1)訪問
  • 可接受的人數:100人
  • 免費:免費

>>申請表/詳細

お困りですか?