コロンビア大学 PROJECT

デイヴィッド・ベンジャミンが発見した日本独自の循環の形とは
コロンビア大学 サーキュラーデザインツアー

Background

環境負荷の高い建築業界を変えるヒントを日本の「営み」に見出す

地震や山火事などの気候災害を引き起こす二酸化炭素排出量の増加の原因として、ガス燃料を使用する輸送機関がよく指摘されます。しかし実際には、世界のエネルギー関連炭素排出量の実に40%を建築物が占めており、これは交通機関の排出量の2倍近くだといわれています。国連の試算によれば「2060年までに、世界には2,300億平方メートル(2兆5,000億平方フィート)の建物が増えると予測されており、これは、今後40年間、34日ごとにニューヨーク市全体が地球上に追加されることに相当する(国連環境計画、グローバル・ステータス・レポート2017)」と言われています。

建造物とは、一般的に静的で永続的な構造物として扱われることが多いが、もし私たちが建物をオープンかつダイナミックなシステムとして想像できるとしたら、気候変動に対して根本的な解決策を開発することができるのではないか?

この問いを重要な研究テーマに据えるのは、ニューヨークを拠点に革新的な建築の最前線で活躍する設計事務所「The Living」の代表であり、コロンビア大学建築・計画・保存大学院(以下、GSAPP)の准教授であるデイヴィッド・ベンジャミンさんです。

「サーキュラリティとは、技術や素材と同じように、生き方のことです。」

デイヴィッドさんは、単体の技術的解決策に頼るのではなく、新しい生活様式とそれを取り巻く全体的なシステムが、気候変動という緊急事態に対処するために必要な大規模な変革を生み出すことができると信じているとのこと。これからの建築家は、技術的なスキルだけでなく、コミュニティと関わり、地域の利害関係者を巻き込み、資源効率を最大化し、レジリエンスを促進する設計能力を備えていなければならないのだと訴えます。

David Benjamin

David Benjamin(The Living / 創業者兼プリンシパル、コロンビア大学大学院建築・計画・保存研究科准教授)

The Living創業者兼プリンシパル、コロンビア大学大学院建築・計画・保存研究科助教。生物学、計算法、デザインの交差地点に焦点を当て、生物を建築に活用するための3つのフレームワーク、バイオプロセシング・バイオセンシング・バイオマニュファクチャリングを明確にしている。
The Livingは、数多くのデザイン賞を受賞している。最近のプロジェクトには、Princeton Architecture Laboratory(建設技術に研究を目的とする、プリンストン大学の新棟)、Pier 35 EcoPark(水質に応じて色が変化する長さ60mの浮き桟橋)、Hy-Fi(新式の生分解性ブロックでニューヨーク近代美術館に造られた、分岐のある塔状のインスタレーション)などがある。
また、株式会社ロフトワークとFabCafeが主催する、循環型経済をデザインするグローバルアワード「crQlr Awards (サーキュラー・アワード)2021」の審査員も務めている。

The Livingの最も注目すべきプロジェクトのひとつに、ニューヨークのMoMA PS1の中庭にある100%堆肥化可能な菌糸体でできたキノコタワー「Hy-Fi」がある。(写真提供:The Living)The Livingは、Architectural LeagueのEmerging Voices Award、American Institute of Architects New York ChapterのNew Practices Award、ニューヨーク近代美術館とMoMA PS1のYoung Architects Program Award、Holcim Sustainability Awardなど、多くのデザイン賞を受賞している。
ソウル市から委託された常設パビリオン「Living Light」は、リアルタイムの空気の質や環境に対する市民の関心に応じて光ったり点滅したりする。(写真:The Living)

伝統的な日本の生活様式と林業というレンズを通して、循環型デザインを再考する

そこで、新しい生活様式や循環型エコシステムの実践を理解する次世代の建築家を育成するため、FabCafeは、デイヴィッド・ベンジャミンさんと共に、日本の地域を横断するフィールドリサーチツアーを企画しました。ツアーでは、現地の人々の取り組みを実際に体験することで、彼らのユニークな洞察力や方法論を理解し、建築に取り入れられるヒントを得ることを目指しました。

ツアーの参加者はデイヴィッド・ベンジャミンとその家族、コロンビア大学建築・計画・保存学研究科(GSAPP)の学生10名。上勝かやぶき学校にて。

サーキュラーデザインツアー

発見フェーズ(Day1-2)

日本の「ごみゼロの町」として世界的に有名な徳島県上勝町。FabCafeは上勝町の教育プログラムであるINOWと共同でワークを実施しました。GSAPPの学生たちは、現地のリーダーたちとの交流を通して、現地視察、ハンズオンの体験プログラム、エスノグラフィー調査に参加。その上で「自然との共生」や「意識的な消費生活」、「高度に統合された近隣支援ネットワーク」などのコンセプトによって支えられている上勝のライフスタイルについて考察しました。

上勝ゼロ・ウェイスト・センターにて。地域のゴミを45のカテゴリーに分別することで、上勝で発生するゴミの80%以上をリサイクルしている。

開発フェーズ(Day3-4)

ツアーの後半は岐阜県の飛騨市で実施。飛騨でのプログラムは株式会社飛騨の森で熊は踊る(以下、ヒダクマ)によって企画・実施されました。国土の93%以上が豊かな森林に覆われた飛騨。ヒダクマは、人と自然の関係を改善するというビジョンを持ちながら、デザインとデジタル技術、伝統工芸を組み合わせることで、地元の広葉樹林の再生可能な事業価値の創造を目指して活動しています。

ヒダクマの拠点となる「森の端オフィス 」は、製材所、木材乾燥場、曲り木研究センター、そして飛騨の森と、林業生態系の核となるステークホルダーに意図的に近接して2022年に作られた。(写真提供:ツバメアーキテクツ)

スケジュール

ツアーの学び

「長期的思考」が未来を変えるキーワード

上勝町や飛騨市の住民との対話や、飛騨の森林ツアーを通して得られたインサイトは、「循環型システムのデザインにおいて最も重要なことは、長期的な視点を持つ」ということでした。

森林ツアーを実施した、飛騨市地域林政アドバイザーで心地よい森づくり研究所代表の中谷 和司氏によれば、意図的な林業とは、植林、生育、伐採を10年、30年、100年のスケールで計画・実行することだといいます。しかし、最近では、気候の温暖化が早すぎてそのサイクルに追いつけない木もあり、また、気候に適応できない木は病害虫に倒れやすくなっていると指摘しました。(出典:「Planning and planting future forests with climate change mind」 Besl, J. / Eos, 2021年6月7日発行)

ネイチャーポジティブな生き方の体験がマインドセットの転換を促す

循環のデザインとは、技術や素材の枠を超え、食品から芸術、そして私たちの考え方や生き方に至るまで、生活のあらゆる側面に浸透する総合的なアプローチです。つまり、単に建物を設計し、資源を効率的に利用するだけでなく、持続可能な生活に価値を見出し、自然と健全で調和のとれた関係を促進する「文化」を創造することなのです。

プログラムの中で、参加者は日本の文化遺産修復に実際に参加することで、伝統建築の思想を学びました。かやぶき学校(上勝)では、地元で収穫された藁を用いて、町に残る最後の伝統的な茅葺き屋根を修復しました。参加者は、活動を通して地域社会に貢献するとともに、屋根のメンテナンスを通して、かつてあった上勝の住民生活やコミュニティのあり方を学びました。

職業、年齢、出身地の多様性が、課題解決につながるコミュニケーションを決める

サーキュラーエコノミーへの移行を成功させるためには、住民や現場の専門家など、多様な視点や声を大切にするボトムアップ・アプローチが不可欠です。一方で、気候変動や持続可能性、二酸化炭素排出量について議論する際に、専門家と地域コミュニティの用いる言葉が違うことによって、しばしば両者の間に隔たりが生じてしまうこともあります。

サーキュラー・デザイン・ツアーは、参加者が「失われつつある過去の知恵」を探求し、日本の農村コミュニティや建築慣習においてヴァナキュラーな知識が果たす役割の重要さを知る機会となりました。また、専門家と地域コミュニティの間の溝を作らぬよう、ツアーを通して、両者が対等にディスカッションできる機会をさまざまな形で設計しました。

現地での実践者との関わりは、受け身では取り組めません。サーキュラー・デザイン・ツアーで、参加者は上勝に長年住む中村さんに会い、彼の生き方に触れました。中村さんの生活が、個人的なウェルビーイングと、意識的な消費生活、そして近隣とのつながりを強く意識することを中心に回っていることを対話の中で学びました。
飛騨では、地元の職人の工房を訪れ、広葉樹の加工や乾燥、伝統的な手法と現代的な手法の両方を取り入れたデザインについて学びました。

伝統×最先端技術でスケールアップと新たな保全の可能性を探る

一行は飛騨で、市民、作り手、そして自然にも力を与える、修復的で収益性の高い価値の連鎖について学びました。飛騨市は、豊富な広葉樹林の木材をいかに持続的に利用するかという問題に直面しています。この課題に取り組むため、飛騨市議会、ヒダクマ、森林組合、そして地元の職人たちが協力し、「広葉樹データベース」である「まがり木センター」を構築しています。

また、ヒダクマが2022年に設立した「森の端オフィス」のデザインも学生たちに大きなヒントを与えたようでした。このオフィスは、ヒダクマをはじめとする地元関係者の責任ある消費と生産のビジョンを体現すべく、地元の広葉樹をモジュールで組み立て、解体後に梁を簡単に再利用できるようにデザインされています。

学生たちは、伝統への回帰だけでも、先端技術だけでもない、両者を組み合わせることこそが、スケールアップと新しいエコシステムを構築するための大きな手がかりだという気づきを、今回のツアーから得たようでした。

「曲がり木センター」は、自然なままの広葉樹の形状の3Dデータから建築・家具を設計し、加工まで一貫して行うことのできるサービス。3Dスキャンされた個性的な曲がり木のラインナップをオンライン上で確認することができる。既存の方法では価値がつけられなかった木材にクリエイティブの力で価値を付け、循環させていく仕組みだ。

プロジェクト概要

プロジェクトの期間:2023年1月~2023年3月
クライアント:コロンビア大学大学院建築・計画・保存研究科
参加者:デイヴィッド・ベンジャミン、コロンビア大学GSAPP学生10名
プロジェクトマネージャー:ケルシー・スチュワート
クリエイティブ・ディレクター:ジュディット・モレノ、工藤 梨央、ミン・ウー
撮影:澤 翔太郎
プロデューサー:ケルシー・スチュワート
企画・ツアー運営:INOW、株式会社飛騨の森で熊は踊る

サステナブルな学びのプログラム

ロフトワークがFabCafeのグローバルチームとともに、サステナブルな学びのプログラムを多数企画・実施しています。以下のような課題をお持ちの方はお気軽にお問い合わせください。

  • サーキュラーデザインを実践している方々との専門的な交流やプロジェクト開発。
  • 体験やワークショップを通してサーキュラーデザインを探求する。
  • サーキュラーデザインのオープンコラボレーションプロジェクトの立ち上げ
  • 学生や従業員に、業界の専門家と共にユニークな学習体験を提供したい。
ケルシー スチュワート

Authorケルシー スチュワート(FabCafe Tokyo CCO (チーフコミュニティオフィサー))

入社以来、バリスタ、カフェアドバイザー、FabCafeグローバルネットワークのコミュニケーションコーディネーター、FabCafe ウェブサイトライター、デザイン思考ワークショップのファシリテーターと幅広く、業務を務める。また、FabCafe CCOとして、FabCafe Global Networkのまとめ役を務め、世界各地のFabCafeのローカルクリエイティブコミュニティの育成と、それらのコミュニティとグローバルネットワークを繋ぐことを行っている。 加えて、持続可能な開発目標の短期的な解決策を作成することを目的とした2日間のデザインソンであるGlobal Goals Jam(GGJ)の東京開催の主催者でもあり、本イベントを過去に東京、バンコク、香港の複数都市で企画・実施した。

Keywords

Next Contents

医療現場における「ろう者」の会話ハードル解消へ
コミュニケーション支援Webアプリβ版を開発