EVENT

名古屋共創会議 vol.1
〜“あたらしいこと”をはじめるために必要なこと〜

Finished イベント終了

Date
2020-01-28 (Tue)
Place
OKB Harmony Plaza 名駅 MAP
Capacity
30
fee
無料

Finished

About

現在、あらゆる業界において、従来の慣習にとらわれない新たな取り組みや、専門領域を超えた共創プロジェクトが生まれています。しかし、経験のないことに挑戦することは、とても勇気のいることですし、何からはじめたらいいのか分からない方も多いのではないでしょうか?

そこで、「名古屋共創会議」第1回目は、名古屋を中心に活躍するビジネスパーソンに向けて、「社内外を横断して新しい視点で事業をはじめる」時に考えておくべきポイントを、組織デザイン、リサーチとコンセプトメイキング、オープンコラボレーションの設計の3つに分けて解説します。

イベントのナビゲーターは、企業/行政/大学などのみなさまに、あらゆるソリューションを提供しているロフトワーク。実際のプロジェクトの裏側をお見せしながら、「課題→目標設定→アウトプットの道筋の立て方」を課題別/領域別に整理・解説します。

みなさまが今取り組まれているお仕事のヒントとして、また、課題や悩みを共有しディスカッションする機会として、ぜひお越しください。

名古屋共創会議とは

2020年7月、名古屋にFabCafe Nagoyaが生まれます。「Fab」という言葉に込められている意味は、大量生産やマーケットの論理に制約されない「FABrication(ものづくり)」と「FABulous(愉快な、素晴らしい)」の2つ。FabCafe Nagoyaは、東海エリアで活動するクリエイター、プロデューサー、エンジニア、アーティストや、企業、自治体、教育機関などの感度の高い人材が集うコミュニティを通じて、東海エリア発の新しい「コト」を起こすムーブメントを作っていきます。名古屋共創会議は、FabCafe Nagoyaを拠点に、名古屋におけるオープンコラボレーションの可能性を探求するシリーズイベントです。

Speaker

長瀬 一也

株式会社OKB総研, 戦略事業部長

長瀬 一也

1995年に大垣共立銀行入社後、渉外係を担当。現状維持は後退をポリシーとして、社内提案制度で2年連続表彰を受けるなど、チャレンジ精神旺盛な営業店時代を過ごす。2007年、株式会社共立総合研究所(現OKB総研)に出向し、若手経営者勉強会を企画運営する中で企業ネットワークを構築。2016年10月から2018年3月まで業務派遣された株式会社JTB総合研究所では、地方創生のリアルを体感。2019年4月より現職。地方銀行が果たすべき役割とは何かを自問自答する毎日。

矢橋 友宏

株式会社ロフトワーク, 取締役 COO

矢橋 友宏

COO(Chief Operating Officer)としてロフトワークのマーケティング部門を率い、市場やクライアントの需要を捉えた最適なクリエイティブソリューションを提案する。
年間160〜180社に渡るプロジェクト成果のクオリティを上げるべく、着実に改善を進めながらロフトワークメンバーの活動を支える、ラディカルな保守派。

篠田 栞

株式会社ロフトワーク, プロデューサー

篠田 栞

京都大学美学美術史学卒業後、広告代理店でデジタルマーケティング及び広告施策のプランニングを経験し、ロフトワークに入社。プロデューサーとして、大規模なWebサイト構築プロジェクト、ビジネスアイデア創出アイディエーションのプログラム設計、メーカの新規事業アイデアや商品開発のためのプランニング、伝統文化を絡めたワークショップ、ミュージアムなどの展示体験プロデュース、商業施設のフロアづくりのコンサルティングなど、幅広い領域で提案を手がける。

プライベートでは幼少期から演劇をしており、大学から能楽を学ぶ。現在も仮面劇、舞台のプロデュースなどを行い、うたい手として舞台に立つ。

藤原 里美

株式会社ロフトワーク, プロデューサー

藤原 里美

2008年にプロデューサーとして入社、産休、育休を機に自社のマーケティング部門に転属。イベントの企画運営、CRMの設計、既存クライアントへのサポートシステム構築などに携わる。2018年から京都ブランチにて再びプロデューサーとして、大規模なシステム開発を要するWebサイト構築、Webサイトを活用したセールス設計やコミュニケーション設計に重きを置いた提案を担当。理系出身なこともあり、大学、病院、BtoB企業などの専門領域の情報発信をデザインするプロジェクトが好み。
娘二人の成長観察がライフワークであり、最大の楽しみ。

小島 和人

株式会社ロフトワーク, プロデューサー

小島 和人

専門学校で建築を学びその後、デザイナー、ディレクター、プランナーとして新規ブランド / 店舗 / 商品開発 / PRプランなど広く携わる。
個人では美術作家「ハモニズム」として活動し、ファッション / 植物研究 / 都市菜園などのコラボによりジャンルを越境した作品づくりを行う。

2018年ロフトワークに参画し、新規事業創出や共創空間作り地域産業推進など幅広くプロデュースを担当。2020年からはSFプロトタイピングなどの手法を積極的に取り入れ、先行きが見えない社会の中で企業や団体がこの先で何をすべきか?を提案している。企業人としても作家としても「未来」に対する問いの設計に興味がある。あだ名は「ハモさん」

Program

13:45-14:00
開場・受付
14:00-14:10
Introduction
14:10-14:20
Opening Talk
株式会社OKB総研 戦略事業部長 長瀬 一也
14:20-14:40
FabCafeが実践するものづくりと共創の仕組み
株式会社ロフトワーク 取締役 COO 矢橋 友宏
14:40-15:10
事業をアクセラレートするエコシステムのデザイン
株式会社ロフトワーク プロデューサー 篠田 栞
紹介事例:特許庁大阪ガス
15:10-15:30
休憩
15:30-16:00
デザインリサーチとコンセプトメイキング
株式会社ロフトワーク プロデューサー 藤原里美
紹介事例:パナソニックデバイスSUNXアルトア
16:00-16:40
共創によるものづくりの新たな可能性
株式会社ロフトワーク プロデューサー 小島 和人
紹介事例:与謝野町諏訪市
16:40-17:00
ネットワーキング

Outline

開催日
2020年1月28日(火) 14:00-17:00(受付13:45-)
会場
OKB Harmony Plaza 名駅
共催
株式会社OKB総研、株式会社ロフトワーク
定員
30名
*申込み多数の場合は抽選とさせていただきます
参加費
無料
対象
・組織外のプレーヤーとの共創を検討している名古屋および愛知中部のものづくり企業担当者
・地域を元気にしたい行政の方、商工会議所の方、NPO法人の方
・産学連携を進めていきたい大学および教育機関の方
ご注意
・プログラムは、予告なく変更される場合があります。
・申込者多数の場合は抽選でのご案内となります。予めご容赦ください。
・参加者の皆さんの写真や議論の内容は後日loftwork.com及び各種媒体に掲載する場合がございます。

ACCESS

Finished

Related Event

お困りですか?