学校法人大阪医科薬科大学 PROJECT

人の顔が見える。リサーチから導き出された大阪医科大学のWebサイト

Outline

2016年4月大阪医科大と大阪薬科大は、運営する法人同士が対等合併。「学校法人大阪医科薬科大学」を発足しました。合併から1年が経過し、学校法人大阪医科薬科大学Webサイトおよび大阪医科大Webサイトのリニューアルを実施。

関係者への徹底したリサーチから情報を整理し、伝統と発展を感じさせるデザインで表現。閲覧者に大学の姿をわかりやすく伝える構成を目指しました。

  • 支援内容
    Webサイト構築
    ・リサーチ・企画
    ・情報設計
    ・ページデザイン、HTMLコーディング
    ・CMSテンプレート開発(WebRelease2 )
    ・サイト全体のHTTPS化(常時SSL化)
    ・コンテンツ移行登録 ※約400ページ
    ・CMSマニュアル作成/CMS講習会実施(計3回)

    コンテンツ制作
    ・研究ストーリー 取材、撮影、原稿作成
    ・キャンパスマップ作成
    ・歴史・沿革ページデザイン

    制作対象
    ・学校法人大阪医科薬科大学 公式サイト https://www.omp.ac.jp/
    ・大阪医科大学 公式サイト https://www.osaka-med.ac.jp/

  • プロジェクト体制
    クライアント:学校法人大阪医科薬科大学
    プロジェクトマネージャー:入谷 聡
    ディレクター:田中 翔理
    プロデューサー:篠田 栞  藤原 里美
    テクニカルディレクター:小野村 香里
  • クリエイティブチーム
    ・デザイン:CONDENSE 梶原 勇吾
    ・CMS (WebRelease2)実装:ネクストページ 金澤 優 岡田 貴正
    ・特集コンテンツ『研究最前線』ライティング:杉本 恭子
    ・写真撮影:楠本 涼

Outputs

学校法人大阪医科薬科大学 公式サイト

大阪医科大学 公式サイト

特集記事『研究最前線』シリーズ企画制作

旧サイトには無かった「研究」コンテンツを充実するため、特集記事『研究最前線』シリーズを制作。特定の先生にフォーカスするのではなく、「複数の教室・専門をまたぐ共通テーマ」(素材イノベーション、オーラルケア、放射線治療など)を設定し、複数の先生が登場するというフォーマットとすることで、多様な角度から大阪医大のユニークな研究の取組みに光を当てています。

Process

学内の様々なステークホルダーからじっくりと意見を集約

多様な学内ステークホルダーの意見を吸い上げるため、プロジェクト最初期の1ヶ月半をかけて30人以上の教職員および学生にヒアリング。インタビュー結果をまとめた資料を「企画書」として、制作の方向付けを行っています。この“Discovery Report”は学長ほか大学経営メンバーにも正式文書として共有し、デザイン提案などの裏付けとしても活用しています。

学内の様々な関係者から意見を集約することで、新しいWebサイトへの期待に乖離がおきにくいだけでなく、これまで表に出ることのなかった関係者の今が可視化されました。

教える人や学ぶ人、運営を支える人の実像をリアルに反映させた大学Webリニューアルプロジェクトとなっています。

1ヶ月半にも及ぶ長期インタビューもインタビューの進捗・結果は、Discovery Jounalとして定期的に共有。最終的に発信した全てのJounalをまとめて、Reportを作成しています。

大学全体での「ひと」の把握がしやすいWebサイトに

Discovery ReportのFindingsから、「大阪医大にどのような先生がいるのか俯瞰しにくい」という課題を受け、教室紹介テンプレートを作成。各教室の特長・得意領域と、顔写真・一言入りの教員プロフィールという共通フォーマットを用いることで、大学全体での「ひと」の把握がしやすいWebサイトを目指しています。

完成したWebページ(画像左)と検証中のワイヤーフレーム(画像右下)

Member

篠田 栞

株式会社ロフトワーク
プロデューサー

Profile

入谷 聡

株式会社ロフトワーク
クリエイティブディレクター

Profile

藤原 里美

株式会社ロフトワーク
プロデューサー

Profile

小野村 香里

株式会社ロフトワーク
テクニカルディレクター

Profile

メンバーズボイス

“私自身はじめての「医学・医療」領域の専門プロジェクトでしたが、プロジェクトメンバーや先生方からの丁寧なインプットをもとに勉強を重ね、とことんわかりやすい情報構成を心がけました。デザインの合意形成過程では、医学部教授会にお邪魔してプレゼンテーションをさせていただくなど貴重な体験もしつつ、大学広報におけるWebサイト活用の重要性と可能性を、さまざまな視点から実感しました。”

クリエイティブディレクター 入谷 聡

Keywords

Next Contents

独自のPM手法で5サイト同時公開を実現
医科大学/大学病院サイトリニューアルプロジェクト