学習院大学 PROJECT

学習院大学の“ありのまま”を伝えるWebサイトリニューアル

Outline

学習院大学らしさとは?を関係者で言語化しWebサイトに反映する

学習院大学は、1978年に創立百周年、1999年に大学開学50周年を迎えました。
歴史ある大学の「今」をありのままに伝えるべく、デザイン性と情報発信力を高めるため、サイトリニューアルへ動き出しました。

その伝統から敷居の高さなどの先入観を払拭するため、
改めて大学の強み・弱みを関係者全員が言語化、共通認識を持つことで、自学らしさを肯定しつつ、新しさを融合する試みです。

  • 課題
    ・学習院大学の強み・弱みを関係者内で共有・共通言語化できていなかった
    ・デザイン性と情報発信力に欠け、学習院大学の「今」を伝え切れていなかった
  • 目標
    学習院大学らしさとは?を関係者で言語化しWebサイトに反映する
    ・ターゲットとなる受験生に、ありのままの学習院大学を知ってもらう
    ・リニューアルをきっかけに今後の広報戦略のあり方を探る
  • 成果
    ・伝統を重んじつつ新しさを融合したWebサイトが完成
    ・組織の枠を越えて1つのゴールに向かう経験が学内のコミュニケーションを促進
    ・自学の強み・弱みが明確になり、広報戦略や施策に関する意思決定が迅速化
    ・CMSの導入により情報発信しやすい環境を整備

Outputs

Webサイト

Interview

組織の枠を越えて当事者意識を生む。
サイトリニューアルインタビュー

詳細

Member

菊地 充

株式会社ロフトワーク

Profile

浅見 和彦

浅見 和彦

株式会社ロフトワーク
シニアプロデューサー

小野村 香里

株式会社ロフトワーク
テクニカルグループ シニアディレクター

Profile

Keywords

Next Contents

医療現場における「ろう者」の会話ハードル解消へ
コミュニケーション支援Webアプリβ版を開発