テクマトリックス株式会社 PROJECT

選び抜いた言葉で、ブランドが持つ力を再定義

Outline

「拓く」「匠む」「超越を創る」
ブランドの価値を洗練された言葉で綴る

IT業界で役立つ最先端で最良のソリューションを提案するテクマトリックス株式会社は、30周年の節目を機に、「テクマトリックスらしさ」の発信やさらなる商談機会の獲得、時間の経過とともに使いにくくなっていたシステムの一新を目指して、7年ぶりにWebサイトのリニューアルを実施しました。

ロフトワークでは、らしさを象徴するためのブランドコンセプトの策定、及びコンセプトを元にしたWebサイトの構築を支援しました。外部からアートディレクターとコピーライターをプロジェクトチームに招き、テクマトリックスを表現するための言葉・魅せ方を徹底して突き詰めました。

プロジェクト概要

  • 支援内容
    要件定義
    ブランドコンセプト策定
    コンセプトビジュアル作成
    構造設計/情報設計
    デザイン/コーディング
    CMSテンプレート開発(WebRelease2)
  • アプローチ
    代表インタビューと社員アンケートから18のインサイトを抽出
    インサイトをマッピングし企業を擬人化。価値観の違い別に、3人のペルソナを定義
    ペルソナ及び、キーワードからブランドコンセプトとして3つの言葉を規定
    ブランドビューを元に、デザインコンセプトを策定し、コンセプトビジュアルを作成
    コンセプトビジュアルとブランドコンセプトを軸にWebサイトのデザインを決定
    理念やビジョンを語る、ブランドメッセージページを新設
  • 体制
    クライアント:テクマトリックス株式会社
    プロデューサー:浅見 和彦
    プロジェクトマネージャー/クリエイティブディレクター:山谷 幸恵
    クリエイティブディレクター:多田 麻央 / 金指 了 / 渡邉 多恵子
    テクニカル・ディレクター:川竹 敏晴
  • クリエイティブチーム
    デザイン・アートディレクション:present 宇都宮 勝晃
    コピーライティング:ホワイトノート株式会社 宗像 誠也
    展開デザイン:金木馨
    コーディング:タクマデザイン 坂田一馬
    CMSテンプレート開発:ベイランドスペース合同会社
もっと見る

Outputs

コンセプトビジュアル

Webサイト

策定されたコンセプトビジュアルを元に、Webサイトのフォーマットデザインを作成。理念やビジョンを語るブランドメッセージページも新設し、テクマトリックスらしさを表現しています。様々な製品・サービスを業種を横断して検索できるようにし、 ユーザーに気づきを与えるような構造を設計しました。事業部ごとに異なる情報量や内容、更新頻度に対応するため、汎用性の高いCMSテンプレートを開発しています。

テクマトリックス Webサイト

詳細

駅構内のサインボード

都営浅草線泉岳寺駅構内のサインボード

Process

ブランドコンセプトの策定

代表インタビューと社員アンケートからテクマトリックスを語る上での普遍的な価値観を18のインサイトとして抽出。インサイトをマッピングし企業を擬人化し、価値観の違い別に、3人のペルソナを定義しています。ペルソナに加え、テクマトリックス社内で議論されていたキーワードを合わせ、ブランドコンセプトとして3つの言葉を規定しデザインコンセプトを策定しました。

Member

宇都宮 勝晃

宇都宮 勝晃

present.
Planning director, designer

宗像 誠也

宗像 誠也

ホワイトノート株式会社
代表/コピーライター・プランナー・クリエイティブディレクター

浅見 和彦

株式会社ロフトワーク
プロデューサー

Profile

金指 了

株式会社ロフトワーク
クリエイティブディレクター

Profile

渡邉 多恵子

株式会社ロフトワーク
クリエイティブディレクター

Profile

川竹 敏晴

株式会社ロフトワーク
テクニカルディレクター

Profile

多田 麻央

株式会社ロフトワーク
クリエイティブディレクター

Profile

メンバーズボイス

“要件をお聞きして、まずWebサイトを訪れるユーザーの属性ごとに、製品サイト、企業サイト、特設サイトの役割やアクセス導線を整理しました。既に策定されていた中期経営計画を読みこみ、企業サイトとしてWebで表現すべきことを、どのようなアプローチと具体的な施策をもって作り上げていくのかをご提案しました。”

ロフトワーク プロデューサー 浅見 和彦

“ブランドコンセプトを作りあげていくプロセスは、様々な関係者の想いもあり、簡単ではありませんでしたが、プロジェクトチームにアートディレクター、コピーライターをアサインし、確かなアウトプットができたと思います。またサイトの設計においても、自社が何者であるか。を紹介しつつ、様々な製品・サービスを業種を横断して検索できるようにし、ユーザーに気づきを与えるような構造を設計しました。”

ロフトワーク クリエイティブディレクター 山谷 幸恵

Next Contents

Webサイトを軸とした、顧客体験の設計とブランド価値構築

Loftwork magazine