デザイン経営導入支援

Design ManagementMETHOD

ロフトワークは、経営におけるデザイン戦略・実践パートナーとして、あなたの会社のデザイン経営導入を支援します。

わたしたちの出会うデザイン経営に関心を抱く人のほとんどが、現状に対する強い危機意識を持っています。
デザイン経営は、デザインの力を活用して、会社のブランド構築やイノベーションを創出していく経営手法と示されています。「これまでとちがう経営手法」と聞くと、なんだか魔法の杖のように聞こえるかもしれません。しかし、実際のところはこんがらがった課題の山をひとつずつほぐし、ありたい会社像へと編み直す、地道で道のりの長い変革活動です。

デザインの力を活用するといっても、とりあえずロゴやパンフレットを変えることだけではありません。最終的にありたい姿をぐっと握り続けながら、じわじわと組織の内外で仲間を増やし、活動を拡げていくことではじめて、オセロの色がかわるように、パタパタと未来像へ更新されていく。

わたしたちは、そんな活動の始まりから伴走し、最終的にはわたしたちがいなくても活動が広がっていくための、道具と仕組みをデザインしていきます。

組織の目指したい未来を具現化する

企業には、顧客からの共感やステークホルダーとの共創がこれまで以上に求められています。より多くの人を巻き込むには、「わたしたちは何者か」を改めて伝えていかなければなりません。プロジェクトを通して、組織内の視点だけでは見つからなかった「原石」を共に見つけ、ビジョンやパーパス、タグライン、ロゴやビジュアルといった具体的なアウトプットへと落とし込むことができます。

アプローチ
・パーパス/ミッション/ビジョンメイキングの支援
・タグラインやコンセプトの策定
・ビジュアライジング

ボトムアップで価値共創できる組織へ 創業110年の印刷所が挑戦したデザイン経営 株式会社高山活版社

創業110年の歴史を持つ株式会社高山活版社とともに、自社の「ありたい姿」を社内ワークショップで明文化、さらに持続可能な事業のためのロードマップを編成しました。

経営層と社員双方の視点を統合するためのワークショップや、高山活版社「ならでは」を発見するための社史の編纂を通して、「ありたい姿」につながる企業理念や提供価値をアウトプットしています。

>記事を読む

一人ひとりのマインドセットを変えていく

ミッションやパーパスを更新しても、社員や社会へと浸透しなければ、いずれ形骸化してしまいます。一方で、社員一人一人の行動変容や社外への伝播は決して容易ではありません。ロフトワークが得意とするのは、組織の内側に向けたデザイン思考をベースとした意識変容や、多様なクリエイターと協働し「外側」を巻き込むこと。内と外、2つの指針で「企業・社会の目指したい未来」の実現に向けた風土を生み出します。

アプローチ
・SFプロトタイピング
・フィールドワーク
・マインドセットを変えるための専門チームの立ち上げ
・デザイン思考ワークショップ

CSV経営のスタート地点 若手人材と足場業界をつなぐメディア構築  株式会社ASNOVA

株式会社ASNOVAとのプロジェクトでは、職人不足に悩む「足場業界」全体の課題解決に向け、「カセツセイ」をテーマに、次世代の若者との接点となるWebメディアを構築。さらに外部クリエイターを巻き込んだ多彩なコラボレーションで、従来の業界イメージを革新し、想像を超えた未来を目指しています。

>記事を読む

価値創出のためのプロジェクトの立ち上げ・運営

新しい価値は、仕組みを整えることでも生まれやすくなります。
既存のフレームワークに当てはめるのではなく、ヒアリングやワークショップを通じて組織に適した「生み出すための仕組み」を丁寧に紐解くことで、持続的な新しい価値の創出を支援します。ロフトワークではプロジェクトの立ち上げから、継続的な企画・運営まで、ぶれのない信念で、価値浸透をサポートしています。

町工場の伝える力を醸成する 大阪八尾市「YAOYA PROJECT」

日本のものづくりを支えてきた中小企業が数多く集まる八尾市。生産拠点の海外移転やAI・ロボット導入による省力化でOEM中心の経営に課題を抱えていました。製造業の「開発力・営業力・ブランド力」を一度に高める試みをロフトワークが支援しました。

デザイン経営のアプローチで、価格競争からの脱却をねらったプロジェクトです。

>記事を読む

デザイン経営に関するご相談を幅広く受け付けております。
ロフトワークのデザイン経営事例をご紹介する機会もご用意できます。
お気軽にご連絡ください。

相談する

デザイン経営をさらに深く理解するためのコンテンツ

「デザイン経営」実践の5つのポイントとは? 中小企業におけるデザイン経営調査報告書を公開

経済産業省関東経済産業局、公益財団法人日本デザイン振興会の協力のもと、『中小企業のデザイン経営〜経営者のビジョンが文化をつくる〜』を公開しました。スノーピーク、ファミリアをはじめ、経営者が「デザイン」を活用する経営を通して成長を遂げている中小企業8社を対象とした調査を行い、デザイン経営の実践における5つのポイントを報告書としてまとめました。

>ダウンロードはこちらから

「デザイン経営 GUIDEBOOK」をオンラインで公開。 中小企業が一歩を踏み出すためのガイドブック

デザインを活用した経営手法である「デザイン経営」の理解を深めたい方、実践への一歩を踏み出したい方に向け、デザイン経営の「はじまり」から「実践」までをコンパクトに5篇に集約。細かい手法の解説でなく、デザイン経営の意味・意義を咀嚼し、まずは社内で小さく挑戦することを応援する内容となっています。

>Webサイトを見る

ロフトワークのデザイン経営についての取り組み、記事