FINDING 林 千晶 2019.02.06

#01 デザインとクリエイティブ
(ドーナツの穴 ー創造的な仕事のつくり方ー)

デザインとクリエイティブ

「ロフトワークは何の会社ですか?」

この質問に自信をもって答えられるようになるまで、19年かかってしまった。でも、今なら言える。「私たちは、『クリエイティブ・カンパニー』です」。

ロフトワークでは創業期から、「つくる意思をもって行動する人」を「クリエイター」と呼ぶことにこだわってきた。「それって、クリエイティブかな?」 社内で頻繁に飛び交う会話は、「新しい価値づくりに挑戦できている?」という問いに他ならない。

クリエイティブであること。それはスキルではなく人のマインド/姿勢を示す言葉であり、無限の創造性につながるものだと、私は考えている。

クリエイティブの力で、「正しさ」を超える

そもそも、デザインとクリエイティブ。両者の違いはどこにあるのだろう。

デザインは、一つの知識体系と捉えることができる。感性を対象としながらも、プロセスやアプローチなど知識が体系化されていて、再現性が高い。そのためトレーニングによってデザインスキルを高めることができる。グラフィックデザイン一つとっても、配色、構図、タイポグラフィーなど、脈々と受け継がれてきたロジックやルールがある。

近年、ビジネスデザインやソーシャルデザインなど、「デザイン」の射程は拡大しているけれど、根底にある思想は共通に思える。起点には「課題」があり、解決に向けて適切なアプローチが設計され、実践される。デザインは、知性である。

一方、クリエイティブはどうだろう。こちらも感性の活動ではあるものの、社会的課題よりも、「やってみたい」といった主体者の情熱や好奇心が起点になっている。根底には、常識の枠組みを否定したり、あるいは超えようとする意志のようなものがある。それが、もっとも大切な特徴ではないだろうか。

「クリエイティブ!」と、人が感動する瞬間。それは、見たことがないものだったり、不可能だと思っていたことだったり、あるいは見向きもしなかったものが、突然、想像もしなかった形で魅力的に、眼前に現れた時、感じるものではないだろうか。対象は、動機、発想、やり方、アウトプットなど、場合によって多種多様だ。

そう考えてみると、クリエイティブとデザインは見事に連携していく。クリエイティブなマインドで状況を創造的に捉え、デザインの力で解決に向けて動き出すのだ。

つくり、生み出し、表現するマインド

「クリエイティブ」はスキルや知識だけで実践できるものではないし、「クリエイター」は、職種でも職能でもない。何かをつくり、生み出し、表現しようとする人の心の持ちよう、その発想そのものなのだと思う。

「国内だけでも、クリエイターは人口の半分以上います」——2000年に「クリエイティブの流通」をミッションにロフトワークを創業したとき、投資家にマーケット規模を聞かれ、私はそう答えた。残念ながら、というよりも案の定、投資はしてもらえなかったが(笑)、その気持ちは今でも変わっていない。

私自身、19年間ずっと、「クリエイティブでありたい」と強く思い続けてきた。これからもクリエイティブに、面白い挑戦をしたい。そのために、ロフトワークは今日も頑張っている。

参考:「デザイン」と「クリエイティブ」の違い

  デザイン クリエイティブ
常識 時に従い、時に逆らう 常識という枠を超えようとする
動機 社会課題や合理的な挑戦 個人的な課題意識や情熱
効率性 実現のために深く配慮 多くの場合、考慮されていない
再現性 高い 実験的なため低い
規模 スケールが検討されている ゼロ→ワンのため小さい
結果 正しい、美しい、格好いい びっくり、面白い、時に阿呆

(林千晶 作成)

林 千晶

Author林 千晶(共同創業者 代表取締役)

早稲田大学商学部、ボストン大学大学院ジャーナリズム学科卒。花王を経て、2000年にロフトワークを起業。Webデザイン、ビジネスデザイン、コミュニティデザイン、空間デザインなど、手がけるプロジェクトは年間200件を超える。グローバルに展開するデジタルものづくりカフェ「FabCafe」、素材に向き合うクリエイティブ・ラウンジ「MTRL(マテリアル)」、クリエイターとの共創を促進するプラットフォーム「AWRD(アワード)」などを運営。
MITメディアラボ所長補佐、グッドデザイン賞審査委員、経済産業省 産業構造審議会 製造産業分科会委員も務める。森林再生とものづくりを通じて地域産業創出を目指す官民共同事業体「株式会社飛騨の森でクマは踊る」を岐阜県飛騨市に設立、代表取締役社長に就任。「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2017」(日経WOMAN)を受賞。

Profile

Loftwork magazine