FINDING 林 千晶 2020.02.18

#12 飛騨の森でクマは踊るか
(ドーナツの穴 ー創造的な仕事のつくり方ー)

ヒダクマのはじまり

「最近は、林業に夢中になっています」——2019年、そんな自己紹介をするようになった。岐阜県飛騨市に、「株式会社飛騨の森でクマは踊る(通称:ヒダクマ)」を設立して4年。ロフトワークが林業に関わる仕事をするなんて、以前は想像もしていなかった。

ヒダクマ設立のきっかけが生まれたのは、2013年。奥多摩で実施した合宿で、株式会社トビムシの松本剛さんたちと出会った。トビムシは岡山の西粟倉や東京の奥多摩などをはじめ、日本各地で林業と地域を再生するための事業を行なっていた。飛騨もその中の一つだった。

「ぜひ、飛騨に来てください」と誘われたけれど、一度は断ってしまった。何しろ東京から片道4時間かかるのだ。当時の私は時間の使い方に頭を悩ませていて、正直にいえば、飛騨にも林業にもそこまで興味をもっていなかったから。

「それでも、一度でいいから来てみてください」松本さんはあきらめない。そこまで言うならと、家族旅行で訪れることにした。

冬の飛騨に、家族で訪問

結論からいうと、私はその一度の滞在で、すっかり飛騨に魅せられてしまった。

冷え込む季節に訪れた宿でいただいた、温かい野草茶や山菜の煮物。雪深い飛騨の山では、春から夏にかけてとれた山菜を冷凍保存しておいて、冬の間に少しずつ調理して大事に食べるそうだ。

季節の移り変わりを自然に受け入れ、さまざまな工夫をこらした生活。日本の四季をリアルに感じられるような、時間の流れ方が心地よかった。

東京に戻ってから、一緒に飛騨を訪れた母が、宿でいただいてきた山菜の煮物を食べながら言った。

「千晶、飛騨の人たちに何かしてあげられないの?」

その言葉を受けて、私の心も決まった。

飛騨の木材を面白がってくれるクリエイターと共に

岐阜県飛騨市は、市の面積の93%を森林が占めている。そのうちの7割は、広葉樹林だ。人の手が入った森は、定期的に間伐を行ってメンテナンスをする必要がある。

間伐によって生まれる木材を、「うまく使う」仕組みをつくること。それが、私たちのミッションだった。

私たちはまず、事業リサーチも兼ねたクリエイターキャンプを開くことにした。

どんなクリエイターを招いたら、飛騨の木材を面白く使ってくれるだろう? ロフトワークのクリエイティビティは、クリエイターのアサインから発揮される。

建築家の大野友資さん、家具や空間のデザインを手がける岩沢兄弟、デザインとアートを融合させていくTakt Projectの吉泉聡さんーーそこから、ヒダクマを支える大勢のクリエイターとのプロジェクトが生まれていく。

そして2015年4月、飛騨市とトビムシ、ロフトワークの合資会社として、「株式会社飛騨の森でクマは踊る」を設立。日本ではじめて、市有林を現物出資する形での官民共同事業がスタートした。

いくつもの企業に、飛騨の木材をふんだんに使ったオフィス家具が導入されていく。ユニークなプロダクト開発も進み、オリジナルの高級キャットタワー(100万円!)は世界の富裕層に売れている。

100年以上の歴史をもつ古民家には、FabCafe Hidaをつくった。FABマシンや木工機械を揃え、地元の人たちをはじめ、地域の木工職人、世界中の建築家、デザイナー、旅人など、ものづくりを楽しみたい人たちが交流できる場となっている。

建築家やクリエイターを対象としたデザイナー・イン・レジデンス プログラムにも力をいれている。毎年、海外から多くの人が参加してくれるようになった。

実績を重ね、会社の売上も確実に伸びている。これからも飛騨の森からどんなクリエイティブが生まれていくか、本当に楽しみだ。

2019年10月にリニューアルしたロフトワーク京都のオフィスにも、ヒダクマで制作したオリジナル家具を導入した。木材を大胆につかった家具は、建築家の佐野文彦さんとのコラボレーションによるもの。
林 千晶

Author林 千晶(共同創業者 代表取締役)

早稲田大学商学部、ボストン大学大学院ジャーナリズム学科卒。花王を経て、2000年にロフトワークを起業。Webデザイン、ビジネスデザイン、コミュニティデザイン、空間デザインなど、手がけるプロジェクトは年間200件を超える。グローバルに展開するデジタルものづくりカフェ「FabCafe」、素材の新たな可能性を探求する「MTRL」、オンライン公募・審査でクリエイターとの共創を促進する「AWRD」などのコミュニティやプラットフォームを運営。
グッドデザイン賞審査委員、経済産業省 産業構造審議会製造産業分科会委員「産業競争力とデザインを考える研究会」、森林再生とものづくりを通じて地域産業創出を目指す「株式会社飛騨の森でクマは踊る」取締役会長も務める。「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2017」(日経WOMAN)を受賞。

Profile

Next Contents

創造的なチームをつくる「ゆるくて深い」リーダーシップ
〜後編:みんなが安心できる場をつくる

お困りですか?