FINDING 林 千晶 2019.04.22

#04 「わからない」が面白い
(ドーナツの穴 ー創造的な仕事のつくり方ー)

近況と、私自身の「わからない」こと

実は先日、とある病気が見つかって3週間ほど入院した。幸い大事には至らなかったが、以前と同じく言葉を使いこなせるようになるまでに、少し時間がかかりそうだ。

医師によると、治療の過程でうつ気味になってしまう方も少なくないらしい。それはそうだろう、と思う。私自身も、思い通りに仕事や生活ができずにもどかしく感じる場面もあるし、将来への不安も少なからずあるからだ。

ただ一方で、「この状態から、私はどう変化していくのだろう」と、しごく客観的に、深い興味と共に経過を観察している自分がいる。

はじめて自分の身に降りかかった経験。体験したことのない感覚。先行きは、当然ながら「わからない」。それでも私は「この状況を面白がっている」といったら、語弊があるだろうか。

「わからない」は、当たり前

「わからない」ことを不安に思い、ストレスだと感じる人は多い。仕事においてもそうだ。事態の見通し、将来への道筋、取り組むべき課題。ロフトワークの若いメンバーも、クライアントから明確なオーダーがないと、ちょっと怯んだ顔をすることがある。

でも、すでに課題がクリアになっていて、やるべきことや進め方まで指示できる状態にあるのなら、おそらく、その企業がロフトワークに相談を持ちかけることはないだろう。

これからクリエイティブな仕事がはじまるのだから、前提条件など「わからない」のが当たり前。私たちがチャレンジするのは、お題にそって正解を探す仕事ではない。

クライアントと一緒に、深い思索の旅に出る。仮説よりもっと、ずっと前段階にあたる“着眼”の部分を探るために。

「生活者」の視点に立って紐解く

目の前にある「わからない」テーマに対し、どこに着眼するか。そのとき私たちは、クライアントが想定していたユーザー像にとらわれるのではなく、もっと広く「生活者」の視点に立ち返る。

着眼のフェーズでは、とことん、生活者の目線でものごとを見ていく。

ユーザーは、社会の中で1人で暮らしているわけではない。またいきなり、瞬間的にユーザーになるわけでもない。特定の企業のユーザーとなるその前後には、脈々と続くその人自身の人生がある。また周囲には、共に暮らし、関わり合っている非ユーザーの人たちがいる。

そうした生活者の人たちが感じる痛み、苦しみ、悩みとは。一つひとつ紐解き、まずは知ることから思索がはじまる。

着眼点が見つかることで、はじめて次段階の問いが生まれるのだ。「会社として、一体何ができるだろう?」と。

どこに本質があるのか、わからないことからはじまる。その道のりは、ワクワクする可能性で満ちている。

「わからない」は、やはり、とても面白い。

林 千晶

Author林 千晶(共同創業者 代表取締役)

早稲田大学商学部、ボストン大学大学院ジャーナリズム学科卒。花王を経て、2000年にロフトワークを起業。Webデザイン、ビジネスデザイン、コミュニティデザイン、空間デザインなど、手がけるプロジェクトは年間200件を超える。グローバルに展開するデジタルものづくりカフェ「FabCafe」、素材に向き合うクリエイティブ・ラウンジ「MTRL(マテリアル)」、クリエイターとの共創を促進するプラットフォーム「AWRD(アワード)」などを運営。
MITメディアラボ所長補佐、グッドデザイン賞審査委員、経済産業省 産業構造審議会 製造産業分科会委員も務める。森林再生とものづくりを通じて地域産業創出を目指す官民共同事業体「株式会社飛騨の森でクマは踊る」を岐阜県飛騨市に設立、代表取締役社長に就任。「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2017」(日経WOMAN)を受賞。

Profile

Next Contents

#05 場が働き方をつくる
(ドーナツの穴 ー創造的な仕事のつくり方ー)

Loftwork magazine 月に2回、最新情報をお届けするメールマガジン