FINDING 林 千晶 2019.02.21

#02 付箋と民主主義
(ドーナツの穴 ー創造的な仕事のつくり方ー )

付箋は格好つけじゃないよ

カラフルな付箋を前に、インタラクティブな議論をしている場面ーーロフトワークのWebサイトでは、油断するとそんな写真がずらっと並んでしまいがちだ。

「オシャレっぽく見せたいだけ?」「付箋さえ使えばいいアイディアが生まれるとでも思っているの?」と、ツッコミが聞こえてきそうである。

しかし、声を大にして言いたい。「付箋は、すごく重要だ」

付箋がただの格好つけのように思われてしまうのは、正しい使い方とその思想が語られていないからのように思う。そこで、ロフトワークがこよなく愛する付箋(ポストイットとも言う)と黒ペン(サインペンとも言う)について、解き明かしてみたい。

民主的な会話の真骨頂

まずは一度、何のツールも使わずにグループで議論する場面を想像してほしい。

エラい人や声の大きい人が、長々と演説を始めてしまう。議論が平行線をたどってしまい、なかなか噛み合わない。あるいは、多くの参加者が共感できず疑問が浮かんでいても、異を唱えることができない……。

きっと、誰しもそんな場面に遭遇したことがあるだろう。集合知を結集するのは、極めて難しいのだ。

そこで活躍するのが、「付箋」と「黒ペン」である。これらはみなさんが想像するよりはるかに、民主的で効果的なツールなのだ。

付箋と黒ペンを使ったディスカッション。ポイントはいたってシンプルである。

  • 付箋とペンの種類を揃える。誰が書いたのかわからないようにすることが大事。ペンは、貼り出した時に読める太さを選ぶ。
  • 個人の言葉を書き出す。その後、目的に合わせて、自由自在に貼る位置を変えていく。(グループ化、構造化、図解化へと進めていくプロセスは後日、詳しく説明する)知的な人ほど抽象化してしまうので「土の香りが伝わるような表現で」とアドバイスを添えること。

この2つのポイントを押さえたうえで、ディスカッションを進めていく。付箋が一か所に集まると、予定調和が消え去り、各自の脳が「どう読み解けばいいのだ?」と新しい回路を使って解釈をし始める。そこに初めて生まれるのが、「リフレーム」である。

新しい視点を得る「リフレーム」

クリエイティブな発想において、「リフレーム(新しい視点を得ること)」は、極めて重要だ。それは慣れ親しんだ思考に安住せず、模索しながら線をつなぎ、新しい回路を作って電気を流すような行為である。

一般的に、人の脳は無情にも、慣性に従って“いつもの言葉”で“いつもの結論”を導きがちだ。だから普通に議論しても、つまらないアイデアしか生まれない。けっして、議論している人がつまらないのではない。新たな視点、気づき、言葉に出会えないから「つまらない」のだ。

例えば女性が社会に出て働くことを、なぜ猫も杓子も同じく「女性活躍」と呼んでしまうのか。本当は千差万別なはずの地域課題や取り組みを、何でも「地方創生」とまとめてしまうのはなぜか。

それは間違いではないが、その言葉があてられた瞬間、本来注目して議論すべき、あるいは対峙すべき小さな小さな違いが捨象されてしまう。これが創造性を殺ぐ、恐ろしい慣習なのである。

年間15万枚の付箋が生み出すもの

しかし本来、人にはそれぞれの個性がある。こだわりも、喜びも、人間関係も、趣味も違う。そういう違いが素直に表出するしつらえで、付箋を使ってアイディア出しをするとどうなるだろう?

付箋の上に描かれた言葉には、書いた人それぞれの感情や発見が詰まっている。そのままにしておくと雑音でしかないかもしれない。しかしそれらをオーケストレーティングしていくことで、ディスカッション参加者の中に、新たな言葉と視点が生まれる。

言葉がフラットになり、上下関係、人間の好き嫌いは関係なくなる。付箋に書かれたメッセージだけに向き合い、それを読み解く真剣勝負の場となる。付箋と黒ペンは、その醍醐味を生み出す源となるのだ。

調べてみると、ロフトワークでは年間15万枚の付箋が使われていた。その1枚1枚が小さな気づきを乗せ、川の流れのように少しずつ集まり、豊かで大きなメッセージを運んで、私たちの民主主義を支えている。

林 千晶

Author林 千晶(共同創業者 代表取締役)

早稲田大学商学部、ボストン大学大学院ジャーナリズム学科卒。花王を経て、2000年にロフトワークを起業。Webデザイン、ビジネスデザイン、コミュニティデザイン、空間デザインなど、手がけるプロジェクトは年間200件を超える。グローバルに展開するデジタルものづくりカフェ「FabCafe」、素材に向き合うクリエイティブ・ラウンジ「MTRL(マテリアル)」、クリエイターとの共創を促進するプラットフォーム「AWRD(アワード)」などを運営。
MITメディアラボ所長補佐、グッドデザイン賞審査委員、経済産業省 産業構造審議会 製造産業分科会委員も務める。森林再生とものづくりを通じて地域産業創出を目指す官民共同事業体「株式会社飛騨の森でクマは踊る」を岐阜県飛騨市に設立、代表取締役社長に就任。「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2017」(日経WOMAN)を受賞。

Profile

Next Contents

常識を覆すアイデアの引き出し方
#2 思い込みを外し、新しい視点と出会う

チャット受付中です。